メインコンテンツまでスキップ

ポイントクラウドを3Dモデルと比較する

このツールは無料では使用できないことに注意してください。使用するたびに、トークンを取引したり、トークンを購入したり、取引管理ページにアクセスしたり、この記事に従う必要があります。

 

点群/モデルの比較では、点群を 1 つまたは複数のモデルと比較できます。このツールは、作成したモデルが実物に近いかどうかを確認するのに役立ちます。ただし、散布図には間違った場所 (ノイズ) に点がある場合があるため、100% の割合は達成できないことに注意してください。

この機能はサーバー側スキャンとしても利用できます。両方のソリューションについて説明します。サーバー側の比較ではすべてのモデルが比較されるわけではありません。これまで使用できるのは IFC のみで、分析ごとに 1 つだけ使用できます。また、分析する点群の一部だけを選択することもできず、選択した点群が完全に分析されます。一方、サーバー側の分析では結果が保存されるため、次回プロジェクトを開いたときに 1 クリックで結果を取得できます。

サーバー側分析を開始する方法を見てみましょう (IFC ファイルとのみ互換性があります)。

スキャン メニューを開き、サーバー アイコンをクリックすると、サーバー側のスキャン ウィンドウが開きます。

 

このウィンドウでは、分析する点群分析する必要のある密度を選択する必要があります。間隔 (右側のハンドル) が小さいほど、時間はかかりますが、精度は高くなります。次に、分析するモデルを選択します。前述したように、サーバー側ではモデルを 1 つだけ選択できます。ついに、 スキャンを開始し、完了するまで待ちます。スキャンする領域のサイズと密度によっては、これには数分かかる場合があります。

 

サーバー側スキャンをロードするには、サーバー側スキャン ウィンドウを再度開き、ロードするスキャンを選択します。場合によっては、左側のボタンを使用してリストをリロードする必要があります。分析を選択したら、それをロードします。表示されるまでに数秒しかかかりません。

 

ここでブラウザ側とサーバー側が連携します。新しいウィンドウが開いたので、まずスキャン範囲に焦点を当てましょう。この記事を開くには、 iアイコンをクリックします。マウスで2 点を移動して許容値を調整できます。これにより、散布図のビジュアルと検証パーセンテージが変更されることがわかります。さらに、ドットの 1 つをクリックした後、上矢印または右矢印を使用して値を 1.00 増やすか、下矢印または左矢印を使用して値を減らすことにより、値を変更することもできます。最後に、数値をクリックして目標値を直接入力できます。

カラー パレットの範囲は、赤 (外側の許容値の外側) から青 (内側の許容値の外側、つまりモデル内に実際に存在する点) です。黄色、緑、シアンを通して、緑に最も近い点がモデル上で最も完璧に位置合わせされています。

 

分析を明確に確認できるようにするために、モデルを非表示にしました。次に、表示モードについて説明します。

1 つ目は、すべての分析を表示するデフォルト モードです。

 

2 番目のオプションでは、許容差に具体的に対応する点のみが表示されます。

さらに 2 つのドットが表示され、内側の 1 つは色域を制御し、外側の 2 つはドットの表示を制御していることもわかります。

 

最後に、最後のオプションでは、許容値を満たさない点のみが表示されます。

 

警告

私たちが提供するパーセンテージは指標値であり、当然のことであるとは考えられず、点群とモデルの類似性についてのアイデアを提供するためにのみ存在します。

ブラウザ側のスキャンを開始する方法を見てみましょう。

分析メニューを開いて雲のアイコンをクリックすると、ブラウザ側の分析ウィンドウが開きます。

 

このウィンドウでは、分析する点群分析する必要のある密度を選択する必要があります。間隔 (右側のハンドル) が小さいほど、時間はかかりますが、精度は高くなります。プロジェクトの一部のみを分析したい場合は、クリッピング領域がすでにある場合はそれを選択するか、この目的のために新しいクリッピング領域を作成できます。次に、分析するモデルを選択します。最後に、分析を開始し、完了するまで待ちます。分析する領域のサイズと密度によっては、数分かかる場合があります。

 

問題や困難が生じた場合は、お気軽にプラットフォーム チームにお問い合わせください。