メインコンテンツまでスキップ

E57ファイルの理解

ヒント

Viewer のパフォーマンスを向上させるには、ステーションごとに構造化された e57 ではなく、すべてのステーションを含む構造化された e57 を使用することをお勧めします。

 

構造化スキャン

  • 構造化データには、登録プロセスの結果として、各スキャン位置、各パノラマ画像 ( **E57 にパノラマ画像が保存されているかどうかに依存することに注意してください)、**深度マップ、および 3D 点群が含まれます。
  • 各スキャン位置は 3D 空間で表示されます。
  • 各スキャン位置にいて、パノラマ画像を確認し (パノラマ画像がない場合でも、ステーションの点群を表示することで 360 度のビューが表示されます)、スキャンからスキャンに移動することができます。
  • 特にパノラマ画像もある場合、各スキャンのファイル サイズは大きくなります。

統合された (非構造化) スキャン

  • 統合スキャンはプロジェクトの「構造」を失います。
  • スキャン位置は 3D ビューに表示されなくなります。
  • パノラマ画像が失われます (存在していた場合)。
  • スキャン間を移動することはできなくなります。
  • スキャン プロジェクトの品質に影響します。
  • 全体的なファイル サイズはわずかに小さくなり、たとえば Autodesk Revit などのデスクトップ モデリング アプリで 3D 点群を利用しやすくなります。

 

 

非構造化点群は以下から生成されます。

  • モバイルライダー
  • ドローンベースの写真測量
  • 三脚上のレーザー スキャナーで生成された深度マップに関連付けられたスキャン位置がないため、このデータは「非構造化」されています。
  • これは「統合された」点群に非常に似ています。

 

構造化スキャンファイル形式

  • (構造化) RCP: Autodesk ReCap プロジェクトのネイティブ形式 (Zip ファイルとしてアップロード)
  • (構造化) E57: 地上レーザースキャン用の標準交換フォーマット
  • すべての点群ソフトウェアには、構造化された E57 ファイルをエクスポートするオプションが用意されています。
  • Faro Scene、Trimble RealWorks、Leica Cyclone、Topcon ScanMaster... (すべてのソフトウェアがパノラマ画像付き E57 をエクスポートできるわけではないことに注意してください)
  • 点群ソフトウェアによって生成される構造化スキャン形式には他にも FLS、PTX、TZF がありますが、クラウドとは互換性がありません

 

構造化から統合まで可能です。

  • すべての点群ソフトウェアには、統合された点群を生成するオプションが用意されています。
  • ただし、構造化された点群を統一された点群に変換することは、スキャン データの構造が失われ、全体的な品質に影響を与えるため、破壊的な操作となります。
  • 通常、次の 2 つの形式が使用されます。
  • 統合 RCS により、スキャン データをすべての Autodesk デスクトップ アプリで直接利用できるようになります。
  • 統一E57

 

統合から構造化は不可能です。

  • スキャンデータが統合されると、プロジェクトのすべての「構造」データが失われ、復元することができなくなります。